北九州市/婦人科/産科/女性内科/女性泌尿器科/リンパ浮腫外来/アンチエイジング(抗加齢)外来/ピル外来

Women's Health Support
Mitsumoto Clinic

ウィメンズ・ヘルスサポート みつもとクリニック

緊急避妊ピル(自費診療)

@診察(問診・血圧測定)
A 内服指導後、 緊急避妊ピルを処方致します。
※18歳以下の方は、保護者の同意が必要です。御一緒に来院して下さい。
※緊急避妊ピル処方の際には、同意書の提出が必要です。


緊急避妊ピル費用(自費診療)

ノルレボ錠 1回分
レボノルゲストレル錠 1回分
(ノルレボ錠の後発品)

15000円+税
8000円+税


診療時間 (受付開始9:00)
月・火・木・金
9:30〜13:30 15:00〜19:00
水・土
9:30〜14:00
休診日 日曜・祝日

診療の受付は
診療終了時刻の30分前です。
御来院の際には御注意ください。

所在地
〒802-0007 
福岡県北九州市小倉北区船場町
3−5ファッションビル船場3F 
電話 093−511-1200 
FAX  093−511-2200
メールアドレス info@mitsumotoclinic.jp

確実な避妊法を実践しましょう!

緊急避妊ピルとは

 妊娠を望まないのに無防備な性行為をもったり、コンドームが破損・脱落したり、レイプを受けたりして、なんとか妊娠を避けたい場合に緊急避難的に用いられる避妊薬です。アフターピルとも呼ばれています。ただし、緊急避妊ピルを服用しても100%の避妊効果を得ることはできません。一般的に、正確に服用したとしても2〜3%の失敗率(妊娠率)があるとされています。

緊急避妊ピルの服用方法

 緊急避妊ピルとして厚生労働省より承認されたレボノルゲストレル単剤を使用します。性交後72時間以内(3日以内)にレボノルゲストレル単剤1.5mg錠を確実に1錠服用します。緊急避妊ピルの効果は服用後すぐにわかるわけではありません。消退出血が起こって初めて効果があったとわかります。消退出血は概ね緊急避妊ピル服用後21日以内に起こると報告されています。緊急避妊ピル服用してから3週間以上経っても消退出血が起こらない場合は妊娠している可能性が考えられます。必ず最寄の産婦人科を受診して下さい。アフターピルはあくまで緊急避難的なものです。

緊急避妊ピルの副作用

 むかつき・頭痛・めまい・体のだるさ・不正性器出血などが出現することがあります。しかしながら、レボノルゲストレル承認前に代用使用されていた「ヤツペ法」と比べると、嘔吐などの副作用は少なくなっています。

その他の注意点

@排卵期前に服用した時は、排卵を抑制する場合と排卵を遅らせる場合があると報告されています。したがって、緊急避妊ピルを飲んだからといって、その後も避妊効果が持続すると考えるのは危険です。次の生理が来るまで性行為を持つのはかまいませんが必ず避妊を徹底して下さい。
A血栓性静脈炎・乳癌・脳血管障害・子宮外妊娠の既往などがある人はピルの服用は控えた方がよいでしょう。
B最近では世界各国で承認され、世界保健機関や国際家族計画連盟なども推奨する避妊法となってきていますが、あくまでも緊急避難的措置と考えて下さい。今後同じ事を繰り返さないよう、産婦人科医と相談の上、自分にあった継続的な避妊法を選択して下さい。

緊急避妊ピルの方法

性交後72時間(3日)以内:
緊急避妊ピル2錠服用

その12時間後:
緊急避妊ピル2錠服用

緊急避妊ピルの主な副作用
  • むかつき
  • 嘔吐
  • 頭痛
  • めまい
  • 乳房の脹り
  • 腹痛
  • むくみ
  • 下痢
  • 不正出血
ピル・緊急避妊ピル
に関するリンク

⇒社団法人 日本家族計画協会
⇒自分で選ぶOC 
⇒OC情報センター 
⇒OCケータイ情報のご案内
⇒基礎体温表ダウンロード

診療案内/クリニックの紹介/交通案内/FAQ(よくある質問)/リンク/お問い合わせ

Copyright (c) 2007 mitsumotoclinic.jp All rights reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます】